一般社団法人 日本オセロ連盟

会員ログイン

オセロ及びOthelloは登録商標です

~オセロを創った男~ 五郎のオセロちょっといい話

  • 時は21世紀、煌く外国のオセロ名選手達。

    時は21世紀、煌く外国のオセロ名選手たち B.ローズ(アメリカ) 2001年 17歳で全米選手権で優勝したが、その年の世界選手権決勝では日本の丸岡に敗れた。以後、苦節20年、37歳で念願の世界kingになった。佐野洋子夫人は現在の世界Queen  D.シェイマン(オランダ) 2002年 17歳で世界選手権決勝で日本の谷田に敗れたが、研さんをつみ、大学生の時は日本にオセロ留学、以後決勝の檜舞台に登場すること5回、そのうち3回目の相手がアメリカの新鋭、18歳のB.シーリーだった(2002年)37才。 B.シーリー(アメリカ) 2003年 2004年 若さみなぎる同一人同士による連続決勝3番勝負は、

    続きを読む
  • オセロを創った男 ~オセロ世界選手権に向けて~

    ~オセロ世界選手権に向けて~ 1976年に始まったオセロ世界選手権大会(World Othello championship)も今年で40回目を迎えます。今年のオセロ世界選手権は、なんと日本、オセロの故郷水戸市で開催されます。 今年の世界選手権に見どころがたくさんあります。 日本人選手の優勝は7年連続、そして日本チームの団体戦連覇は11年連続です。 囲碁の世界では、井山棋聖の7大タイトル奪取が話題ですが、オセロの世界でも、日本の名人戦・全日本選手権・王座戦の3大会と世界選手権、全てのタイトル保持者が、現在5名(為則英司、滝沢雅樹、岡本一樹、末國誠、高梨悠介)います。 次に全てのタイトルを手にす

    続きを読む
  • ミラクルⅤ誕生秘話

    ミラクルⅤ誕生秘話 1973年4月のオセロが発売されて数年後、いまだにオセロが世界で沸き立っていた頃でも、私は新しい頭脳ゲームを作れないかといつも考えていました。 オセロがシェークスピアの劇作品からのイメージであるように、多くの要素から頭脳ゲームのイメージが浮かんでいました。 テーマは、宇宙、地球、人間、大自然、又長い人類の歴史の中で、偉大な先哲(せんてつ)達の残した足跡もあります。 これだけの材料があれば、良いゲームができるはずと思いました。 一流と言われるゲームは、皆生まれてから完成まで長い道のりを歩いています。 チェス…誕生して1000年。500年前に現在のチェスとなった 将棋…誕生して

    続きを読む
  • 思い出に残る闘い(3) ~オセロはいつも真剣勝負・思い出深い人々~

    思い出に残る闘い(3) ~オセロはいつも真剣勝負・思い出深い人々~ オセロは勝敗の他に獲得石数も評価されます。勝負の成績表のようなものです。 どんな人でも1勝負だけとかなら、チャンピオンや名人達と対等の条件で戦う機会を持てたりします。この場合は終局の時、どれくらいの成績・評価なのかがチャレンジャーの興味の焦点となります。(写真:評価表) 私のオセロ人生の中で、これまで様々なチャレンジを見てきました。 ☆1975年、無敵少年 対 笠原孝一(全日本チャンピオン) 岡山で無敵を誇る中学生(当時中3)が、夢にまで見た全日本チャンピオンとの1戦のために上京しました。この対局は少年の希望を笠原氏が快諾して

    続きを読む
  • 思い出に残る闘い(2) ~20世紀の巴御前、Mrs.キャロル・ヤコブの大活躍~

    思い出に残る闘い(2) ~20世紀の巴御前、Mrsキャロル・ヤコブの大活躍 注:巴御前・・・武勇をもって知られる平安時代末期の女性、源義仲に仕える女武者で各地に転戦し功を立てた。 前回記述した1976年10月にロンドンで行われた世紀の対決後、藤田はアメリカを凱旋し、アメリカではオセロブームが沸き起こっていました。 1977年2月には全米1を決めるオセロトーナメントが行われるようになった…。そして、そのトーナメントで巴御前のように男子の強豪選手を次々と打ち破って優勝したのは、Mrsキャロル・ヤコブ(MTユニオンカレッジ数学講師、27)でした。女性が優勝したのは初の快挙!(チェス・囲碁・将棋・オセ

    続きを読む
  • 思い出に残る闘い(1) ~〝世紀の対戦” オセロの世界へのビックバン ~

    ~ “世紀の対戦” オセロの世界へのビッグバン ~ この勝負を語らずにオセロの歴史について語ることはできない、というのが、 ・藤田二三夫氏(第4回オセロ全日本チャンピオン 理髪業 当時27才) ・トニー・マイルズ氏(全英チェスチャンピオン/グランドマスター 当時20才) の“世紀の対戦”である。 両雄による世紀の対戦は、第1回全日本オセロ選手権から3年後の1976年10月20日にイギリスのロンドンで行われました。1973年に発売されたゲーム「オセロ」の日本でのブームは、海外にも徐々に伝わり始めていた頃でした。 このゲームの面白さに目を付けたのが英国のTV放送局BBC。何と日本チャンピオンと全英

    続きを読む
  • 思い出深い人々(1) ~ 山田史生(ふみお)氏 ~ オセロのビッグバンを起した男

    ~ 山田史生(ふみお)氏 ~ オセロのビッグバンを起した男 ◆出会いからビッグバンへ 第1回全日本オセロ選手権大会(於:帝国ホテル 1973.4.7)に取材のために来られたのが、山田氏でした。おだやかな紳士タイプの山田氏は、取材も熱心でオセロの要領を掴み、自由対局では2人の男女の小学生(10才と7才)相手に真剣勝負を挑んで大敗しました。 当時の山田氏は、読売新聞文化部の将棋担当の記者で、将棋・囲碁の有段者であり、チェスにも詳しかった。 心(しん)の強い山田氏が大敗を喫した後、オセロ発売後の4月29日(日曜日)読売新聞の朝刊に軽妙な文で載せた記事がビッグバンのきっかけになりました。 「オセロとい

    続きを読む
  • 家族(2) ~ 妻 秀子との出会い ~

    家族(2) ~妻 秀子との出会い~ 取材中のお二人 旧制水高で父に教わった事のある青葉祐太郎先生から手紙を頂きました。「私の教え子でその高校を優秀な成績で卒業した生徒のお姉さんをお嫁さん候補として推薦します」との内容でした。私は即座に行動し、当人同士は勿論 双方の両親も賛成で、婚約し、そして結婚し、そこから妻との2人3脚の人生が始まりました。 子供達も生れ、妻が毎日洗って干してためた牛乳ビンのふた3枚を張って作った自家製オセロの駒は凄く評判がよく、それが切掛となってオセロは本格的に世に出ることになりました。 ~そして家族~ 夏休みに小豆島で            日光旅行で。子供達からのプレゼ

    続きを読む
  • 家族(1)~両親の思い出とエピソード~

    家族(1)~両親の思い出とエピソード~ 私の父…長谷川四郎 「少年よ、大志を抱け!」で有名なクラーク博士に師事し、その30年後旧制一高(現:東京大学)の校長兼英文学教授だった新渡戸稲造先生(旧5千円札の人物)に学んだのが英文科の学生であった我が父、長谷川四郎でした。芥川龍之介、菊池寛などの歴史的な文学者を同級生に持つ父が大正10年新設の旧制水戸高等学校の教授に推薦された事から、水戸での歴史が始まります。  旧5千円札 新渡戸(にとべ) 稲造(いなぞう)博士 私の母…長谷川初子 海軍省法務局の父(山田三郎:私のおじいちゃん)と大商人の娘だった母(うめの梅乃:私のおばあちゃん)の間に生まれたのが我

    続きを読む
  • オセロ誕生秘話(3) ~オセロファンのエネルギーがオセロのビックバンを作った!!~

    オセロ誕生秘話(3) ~オセロファンのエネルギーがオセロのビッグバンを作った!!~ 玩具売場は、毎年新商品が目白押しに並ぶ競争の激しい世界です。新発売のオセロは値段(2,200円)も大きさも子供玩具売場向きの商品とはいえず、並べてくれるか疑問でした。当時は凄いパンダブームなので、黒と白石を使うこのゲームを小型化してランランカンカンという名にすれば、子供達にも人気が出て売れるだろうという意見も有力でした。 オセロゲームの名は、シェークスピアの劇「オセロ」にちなんで、父の英文学者・長谷川四郎教授が名づけたものです。「白人の妻(白石)を持つ黒人の将軍オセロ(黒石)が、緑の平原(緑の盤)で戦う波乱万丈

    続きを読む